ラバーダムの必要性

「ラバーダム」は日本国内では使用している歯科医院が少ない現状にあります

東京都港区「白金台駅徒歩2分」の当院では『再治療にならない・再発させない』ための治療を大切に考えており、『ラバーダムを使用した歯科治療』を積極的に行っていますが、このラバーダムは残念ながら日本ではあまり使用されていません。ラバーダムは、口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態を確保できます。つまり、治療中の唾液からの細菌感染を防ぐことができます。このラバーダム無しに治療をすると、治療している最中から、細菌感染のリスクにさらされることになります。

日本においてラバーダムを使用している割合

残念ながら、日本においては、保険診療に「ラバーダム」という項目が含まれていないためか、他の歯科医療先進国と比べると使用率が低いと言わざるをえません。保険診療の項目に含まれていないラバーダムは、必要があまりない処置と捉えられがちといえます。しかし、歯科医療先進国のアメリカでは、「ラバーダム防湿」を行うことは「義務」付けられています。ラバーダム防湿で口の中から治療部分歯のを隔離し、唾液・水分を防湿しながら清潔な状態で治療を行う「効果」と「必要性」が認められているのです。

日本における根管治療の失敗率について

日本の根管治療の成功率については、東京医科歯科大学のデータがあります。東京医科歯科大学むし歯外来で、根管治療のX線透過像を調べた結果、根管治療を行った歯が、その後どの程度の割合で歯根部先端に膿を持っているか(再発しているか)がわかります。結果として、「日本の根管治療の失敗率は50〜70%」であるということが判明したのです。つまり、日本の根管治療の成功率は30〜50%ということになります。 ラバーダム防湿をしていないケースが多いことも一因でしょう。


諸外国の根管治療の成功率について

日本とは違い、アメリカの根管治療の成功率は90%程度と言われています。AAE(米国歯内療法学会)では、ラバーダム防湿ができないむし歯(歯冠部が無くなってしまっている状態など)の場合は「抜歯適応」としています。このことからも、ラバーダム防湿の重要性がわかることと、そもそも、むし歯を進行させないこと、再治療にならないようにすることが大切であることがわかります。再治療、抜歯に向かっていくよりも、しっかりラバーダム防湿を行う治療で、再治療、再発のリスクを低減しておくことが大切です。


修復治療の大切さ

根管治療を行うことになった場合、その後に行う「修復治療の質」が、治療後の予後(よご=今後の病状についての医学的な見通し)を左右します。 これについて、1995年、Temple大学で疫学研究が行われました。根管治療の質と修復治療の質、そしてその後の根尖病変の有無(根管治療、修復治療後の予後を見て治療が成功したかどうかを判断)を比較しました。この研究によると、根管治療の質だけでなく、根管治療後の修復治療の質がその後の予後を大きく左右していたのです。つまり 「質の高い根管治療を」行い、その後は「質の高い修復治療」を行うことで、歯冠側からの細菌の侵入を抑え込み、細菌感染の再発を防げるようになる という事です。この研究結果からも、やはりラバーダムをすることは大切であるといえます。