ラバーダム防湿について

ラバーダムとは

ラバーダムは、治療する歯の部分のみを露出した形で、他の部分はラバーシートでカバーして、口腔内と治療する歯の部分とを分ける方法のことです。実はこのラバーダムは、今から約150年程も前に、アメリカ、ニューヨークの歯科医師(Barnum)により考案された方法です。 口腔内と治療する歯の部分とを分けることから、治療部分への唾液の侵入を防ぎ、虫歯の治療、根管治療、修復治療を行う時には、本来必要な処置といえます。 「ラバーダム防湿」を行うことにより、「根管治療」の成功率が高まり、「修復治療」においては歯と詰め物の接着力向上や長期安定性に有利であることはいくつかの論文でも示されております。

東京都港区「白金台駅徒歩2分」の当院では『再治療にならない・再発させない』ための治療を大切に考えており、『ラバーダムを使用した歯科治療』を積極的に行っています。ラバーダムを使わずに治療すると、治療しているそばから唾液が治療部分に入り、感染し、また虫歯になり、再治療が必要になるリスクが高くなります。ラバーダムは口腔内から治療する歯の部分を隔離し、唾液からの感染を防ぎ、様々な消毒液を使用でき、接着の性能低下を防ぐなど多くのメリットがあるのです。歯は再治療するたびに悪くなっていきます。削った部分は二度と再生しません。再治療するたびに抜歯に近づいていくのです。可能な限り再治療にならない治療を行うことが非常に大切になります。

ラバーダムの必要な治療(代表的なもの)

ラバーダムは、唾液からの感染を予防し、再治療のリスクを低減させるためにも、本来、虫歯の治療、根管治療、修復治療の時に必要な処置といえます。元々、虫歯で歯を削る場合には、虫歯の感染部分を除去しますが、削っているそばから唾液が入ってきて、唾液に中にいる細菌にさらされるようでは、治療結果がどうなるかは火を見るよりも明らかといっても過言ではないでしょう。再治療のリスクを低減させるためにも、虫歯の治療、根管治療、修復治療などの時には特に、ラバーダムは必須といえるでしょう。
  • 虫歯の治療(削る)
  • 根管治療(神経を取る・・・抜髄 / 感染根管治療・再根管治療)
  • 修復治療(詰める・被せる)
  • その他

ラバーダムのメリット

①唾液の遮断により「感染リスクの低減」ができる

ラバーダムは、口腔内から治療する歯の部分を隔離し、唾液からの感染を防ぎ、様々な消毒液を使用でき、接着の性能低下を防ぐなど多くのメリットがあります。

ラバーダム無しでは、治療部分が唾液にさらされる。(感染リスク大)

ラバーダム防湿をすることで唾液などから治療部分を隔離できる。

②唾液・水分の遮断により「接着操作に有利」となる

また、呼気には湿気が含まれます。ラバーダムをしない場合にはこの呼気によって、各種歯科用接着剤の性能低下につながります。イメージしやすい例をあげると、家庭用の接着剤も濡れた面では、くっつかないため、使用しないはずです。目には見えない最近の侵入を防ぐだけ、しっかりと接着するためには、ラバーダム防湿は必須といえます。またそれを行わないで治療をするということは、再発・再治療のリスクが高まることを意味します。 

③隔壁を作っているため「消毒に有利」となる

ラバーダム防湿をしない状態では、粘膜組織に対する影響を考え、強い薬品は使用できません。しかしラバーダム防湿をすることによって、より効果的な強い薬品も使用できるようになり、治療目的達成・治療の成功に有利となります。また、唾液の無い環境で薬品を使用できることも有利です。

④歯科医師が治療に集中しやすい

治療する歯科医師の立場から言うと、お口の中は、暗い・狭い・動く舌がある、といった治療の妨げとなるものが多くある環境でです。治療しなければなりません。しかし、ラバーダムによってこのような問題も解決されます。患部だけを見えるようにし、集中して治療が可能となるのです。このことは治療結果を左右します。特にマイクロスコープを使用した精密治療では集中力が必要なため、ラバーダム防湿は理想的な治療環境を作り出す、無くてはならないものと言っても過言ではないといえます。

⑤お口の中や喉への器具の落下を防ぐことができる

ラバーダムは、治療器具によって粘膜などを傷つけること、治療中に使用する機材の誤飲、などを防ぐことができます。 また、水がのどに入ってくることも防ぎます。

ラバーダムのデメリット

ラバーダムが全てにおいて万能ということではなく、治療中にはお口を開けていなければならないなど、一部デメリットも存在します。

  • 治療中に使用する水がお口に侵入することはない代わりに、唾をのみ込みずらい。
  • 口を開けている必要がある。
  • ゴムによる不快感を感じる人がいる。